【with】上手なコミュニケーションや会話をするには?

恋愛を楽しんでいますか?

 

コミュ障あるあるなんですけど、マッチングできたはいいもの、なかなか良い会話コミュニケーション)ができないなんてことありませんか?

 

で、会話できる内容が上手に見つからないから、質問ばっかり投げてしまうんですよね。

 

 

それが初期の私なんですけどね


 

なんかやり取りもそこまで盛り上がらず、ため息をする羽目になる……

 

もう落ち込みたくないですよね?

 

ということで、コミュ障の私が上手に女の子とやり取りできた方法をあなたに伝えたいと思います。

 

 

最初はできなくて当たり前

 

最初は上手に会話できなくて当たり前です。

 

この記事を読んでいるあなたは少なくとも過去に女子との関わりが少なかった人ではないでしょうか?

 

 

ちなみに私も小、中、高とほとんど女子との関わりはなかったんですよね。
共学なのに……


 

逃げてきた部分はありました。

 

逃げてきた人がいきなり上手に会話なんて、料理を全くしたことない人に料理を作れって言っているようなものです。
(上手な例えじゃないかもしれません笑)

 

でも、やり方を知っていればまた別です。

 

それどころかめちゃくちゃ盛り上がります!

 

これからあなたに会話のコツを教えるので必ず実行してください!絶対です!

 

 

会話のコツその1

 

  • 頭の中に映像を思い浮かべよう!

 

家族とか親友の前では、「何話そう…何話そう…」ってならないですよね?

 

 

大前提にそれは慣れているからというのが大きいと思います。

 

 

でも、慣れていない人の場合、何を話せばいいんだ?という思考に陥ってしまうんですよね。

 

 

じゃあ、相手が慣れるまで待ってくれるかと言われれば、そんなことはありません。

 

 

あなたよりかっこよくて面白い人なんていくらでもいるんですから……

 

 

なら、小手先の技術でなれるまでの間、その穴を埋めてしまいましょう!

 

 

最初に実行してほしいことは、頭の中で映像化するという作業です。

 

 

 

例を出します。

 

 

旅行について話すことになりました。

 

 

へぇ〜。旅行好きなんだ!行ってみたいところとかあるの?


 

 

ん〜、行ってみたいところか〜。私は浅草に行ってみたいな!


 

 

そうなんだ〜


 

で、終了です。

 

 

これはダメな例ですね。

 

 

ちなみに私が実際にやり取りをしてしまった例なんですけどね……

 

 

しかもこれ、通話で行っていたので本当に辛かったです……

 

 

余談はここまでにして、これだと会話のキャッチボールが成立しないですよね。

 

 

私で会話を終わらせているわけですから。

 

 

ではここであなたも一緒に考えながらやってみてください!

 

 

 

 

へぇ〜。旅行好きなんだ!行ってみたいところとかあるの?


 

 

ん〜、行ってみたいところか〜。私は浅草に行ってみたいな!


 

ここで一度浅草を想像します。

 

 

頭の中で映像化するんです。

 

 

 

 

できましたか?

 

 

 

 

大抵の人の場合、雷門などが出てきますよね。

 

 

あとは、雷門に続く道に人がいっぱいいるとか、阿吽像なんかも出てきたりします。

 

 

そうすれば自然と言葉が出てくるはずです。

 

 

 

 

浅草といったら雷門だよね!
結構外国人観光客とか多そうだよね?


 

 

とか

 

 

 

 

浅草といったら雷門だよね!
確か、阿吽像とか有名だけど歴史苦手だったから詳しくは分かんないだけど(笑)
歴史得意だったりする?


 

 

 

このように話を広げることができます。

 

 

そしたら、外国の話や、歴史の話、勉強の話から中高時代の話に移ることだってできちゃいます!

 

 

こうなってくると、会話が途切れるということはなくなります。

 

 

これだけで第一段階完了です!

 

 

おめでとうございます!この技術を知っているだけで、コミュ力(バケモノ)に近づきました!

 

 

とにかく話は映像化するという癖をつけていきましょう!

 

 

 

会話のコツその2

 

  • 自分の感情を入れる

 

 

喋り始めたはいいもののなかなかいい落ちが見つからないという問題に直面したことはありませんか?

 

 

そういう時はその時に自分はどう思ったのかということをいれてみましょう!

 

 

ではまた、例を挙げてみます。

 

 

 

この前バイトで腕や足に入れ墨がガッツリ入った怖い人が来たんだよね


 

 

こう言うと「へえ〜」とか「そうなんだ〜」という返事が返ってくるはずです。

 

 

相手がコミュ力高い人だとなにかしら質問とかあるかもしれませんが……

 

 

 

でさ、その人にめっちゃ目をつけられてガタガタ震えながら対応してたんだ!
超こえーよ〜ってかんじでね


 

 

人を見た目で判断するなという意見もあると思いますが、今は目をつぶってください。

 

 

話を戻します。

 

 

怖い人が来たという事実を話すだけだと、相手は「へえ〜」とか「そうなんだ〜」という反応しかできませんが、その時にどう思ったかを付け加えるだけで反応ががらりと変わってくるはずです。

 

 

今回の場合は怖かったという感情が含まれていますよね!

 

 

会話というのはこんなものでいいんです。

 

 

無理に相手に質問を投げかける必要はありません。

 

 

感情を入れたのに、なんか反応がイマイチだった場合それは相手に問題があります。

 

 

反応がイマイチだったら、このあとに同意を求めても良いかもしれません。

 

 

 

普通入れ墨だらけの人が来たら怖くない!?


 

 

こんな風に話を振るだけで相手は応答しなくてはならないので、またさらに会話がつながっていくということです。

 

 

どうしても、反応が悪い場合は話題を変えてみましょう!

 

 

 

おさらい

 

 

まだまだコツはたくさんありますが、一度これだけを意識して普段喋ってみるように心がけましょう!

 

 

一度にたくさん詰め込んでも忘れますからね。

 

 

今時会話アプリがたくさんあるので、別に喋る相手はたくさん見つかるはずです。

 

 

さて、今日のレッスンのおさらいです。

 

 

  1. 頭の中に話したい内容の映像を流す
  2. 自分の感情を含める

 

 

他のコツを知らなくても、はっきり言ってこれだけで十分通用します。

 

 

大体の会話はこれの繰り返しですからね!

 

 

ぜひ、たくさん練習してコミュ力(バケモノ)になってみてください!